CoderDojo名古屋 子供のための無料プログラミング道場

CoderDojo名古屋

CoderDojoは2011年にアイルランドではじまった、ボランティアによる、若い人のための、地域に密着したプログラミング・クラブです。Dojoでは7歳から17歳までの若い人に対して、各種のプログラミングが教えられます。

詳細は右を参照ください。https://coderdojo.com/about/

現在、世界では65カ国・920を超える数の道場、日本では全国に23の道場があります (2016年4月現在)。

CoderDojo名古屋はこのCoderDojoの趣旨に賛同して開設された名古屋の子供たちのためのプログラミングクラブです。

現在(2017年4月)、指導・支援できるのは次のとおりです。

  • Hour of Codeを用いたプログラミングの理解
  • Scratchを使ったプログラミング
  • javascriptJAVAC#VB などのテキストベースプログラミング

Dojo運営に当たっては次のように予定しています。

  • 実施場所:当面、あいちNPO交流プラザ または、イーブルなごやで行います。
  • 実施日時:隔週の第2、第4日曜日13時30分~16時00分
  • 忍者(子供)は自分で自由になるパソコン、マウス、電源コードを持参してください。できれば、インターネット接続のできるパソコンが望ましいです。
  • お子さんの送迎は保護者の方の責任でお願いします。
  • セッションの間は保護者の方は原則、外でお待ち願います。

お願いごと

  • 本ホームページ・Facebookなどへの写真掲載のためにDojo内の写真を撮影することがあります。忍者の写真は原則、OKとさせてもらっています。保護者の方の姿が入ることがあるかとも思いますが、よろしくご了承ください。
  • 子どもたちの技術的な面倒を見てくれるメンター、日常的な世話をしてくれるボランティアを募集しています。
  • CoderDojo名古屋はボランティアの皆さんの善意で運営されています。 継続的な活動のために協力金(ひと口500円)を募集しています。協力金は任意です。

 

             CoderDojo名古屋 主催者(チャンピオン)宇津 義一
 
 

お問い合わせ

CoderDojo名古屋へのお問い合わせは下記から各イベントページで「イベントへのお問い合わせ」からお願いします。
 

CoderDojo天白

CoderDojo名古屋と同じく、天白区でもう少しローカルな感じのDojoとして、CoderDojo天白があります。設立趣旨はCoderDojo名古屋と同じです。時間・場所等でこちらが便利な場合はCoderDojo天白にお越しください。
 

CoderDojo名古屋の旧ホームページ

CoderDojo名古屋は前任の主催者から8回目以降を松成が引き継ぎましたが、7回目までの前任者の活動記録は下記から見ることができます。
    ※第34回からチャンピオンを松成さんより宇津が引き継ぎました
 

 

 

 

 

開催案内

CorderDojo名古屋への参加は、イベント告知システム connpass を使って行っています。

参加される場合は下記のホームページから希望される日時のDojoを選び、参加申し込みして下さい。

定員をオーバーしているばあいもキャンセルがあったり、メンターの参加が多ければ定員を増加したりしていますのでとりあえずはお申し込み下さい。多くの回で定員の増加を行っています。定員増加の場合は案内が届かないようですので、キャンセル待ちの方はこまめに状況をご確認頂ければと思います。

coderdojo-nagoya.connpass.com

メンター・ボランティア募集

メンター募集

プロのプログラマーであっても、プロのプログラマーでなくても、、

子どもたちにプログラミングは教えられます。謙虚に子供たちに寄り添いましょう。

そんな気持ちの人たちの集まりであってほしいです。

是非、皆さんもメンターに応募してみませんか?

色んな技術の人の集まりが会を楽しくします。

ボランティア募集

メンターとしての技術的なボランティアではなくても

何らかのの応援がしたい

保護者の方が対象になるでしょうか

会の会場申込み・受付・会計・写真撮影・名簿作成・ホームページ更新などなど…

英語の得意な方はCoderDojo本部との連絡…

会を盛り上げるにはいろんな人の力が必要です…

メンター・ボランティアのお申し込み

主宰者あてに直接メールを頂くと有難いです。

簡単な経歴、動機、参加可能頻度などを主宰者にお寄せ下さい。

【第82回活動報告】2019年度始まりました

f:id:CoderDojoNagoya:20190410085024j:plain
みんな集中してプログラミング
f:id:CoderDojoNagoya:20190410084921j:plain

日時:4/7(日) 13:30~16:00
場所:NPO交流プラザ 第2、第3会議コーナー
メンター:宇津、佐藤さん、あゆこさん、山吉さん
ニンジャ:12名

チャンピオンの宇津です。今日はメンターの応募が少なく大ピンチで開催かと思われましたが、 急きょ参加してくれたメンター、協力してくれた保護者の皆さんのおかげでなんとか 無事開催できました。ありがとうございました。


さて、今日の活動の報告はまたメンターの皆さんに記載してもらいました。


電子工作

報告者:メンター佐藤さん


お兄ちゃん Yくん

micro:bitのボタンを押すと、グーチョキパーを交互にLEDで表示する作品。
もくもくと作ってくれていましたね。今後はスピーカーをつないで音も鳴らしたいんですって。
f:id:CoderDojoNagoya:20190421095150j:plain

弟 Tくん

Tくんは迷路をつくってくれました。。落とし穴がいっぱいです。ゴールは長いくねくね曲がった筒のそこ。トイレットペーパーの芯のようなものをうまく組み合わせてくれてたよ。
今後は、ゴールに着いたら音楽をならしたいそう次回はmicro:bitでプログラミングだね。
発表ではほかの子にも遊んでもらいましたよ。ゴールまで行くのにみんな苦戦してました。
f:id:CoderDojoNagoya:20190410084820j:plainf:id:CoderDojoNagoya:20190408012140j:plain

Scratch


今回のScratchコーナーのお題はこちら

* 伸びる
* 数字の7
* ポカポカ

f:id:CoderDojoNagoya:20190410085625j:plain
今回のお題です。

報告者:メンター佐藤さん




Oくん

ひとりでもくもくとプログラミング。スプライトをたくさんつかってたみたい
はずかしがりやさん?どんなの作っているのかあまり話してくれなかったけどまたこんどの発表たのしみにしてますよ。

真剣な顔


Rくん

猫の絵をふんだんに使ったスロットマシーン
ボタンをおすとスロットマシーンのドラムがひとつづつとまるようにつくってくれました

発表中
イデアとしてはすべて揃うと猫が叫んでる(?)絵を表示するようにしたいって。猫の写真のセンスが光ってたので、続編に期待!
ニンジャもメンターも猫好きが多いみたい


Aくん

今回もシュールなストーリーものでRPG風の選択肢でお話が進んでいきます。
一人で作りたいって言ってたのはお家から構想を練ってきてくれたのかもね。
体調がわるいなかでがんばってくれました

シュール・・・
構想としてはまだまだ続きがあるみたい、しかしシュールな作品でした(笑)


RちゃんとTくん

本日のテーマに沿ったものを作り、なおかつ二人組で分担してやってくれました。なかなかできないことです。
2人でスロットマシーンを作ってくれました。数字の7が360度にくるくる回ります。宝くじとか、こたつに入った猫が喜んだりするアクションも構想にあったみたいですよ。

f:id:CoderDojoNagoya:20190408011424j:plain
仲良く発表

Aちゃん

Scratchは初挑戦みたいですが、時間内で理解して
また、”ゲームオーバー”でガーン、という雰囲気の背景をオリジナル
と表示する応用までこなしました。時間内に完成させててすごい☆

f:id:CoderDojoNagoya:20190408011911j:plain
納期をまもりました




Viscuit (報告者:メンターあゆこさん)

HちゃんRくん兄弟

Viscuit 初挑戦(メンターも・・・)
ゼロからスタートしたのですが、兄弟とも絵がうまくて

f:id:CoderDojoNagoya:20190408011418j:plain
兄弟協力

陸の生き物 海の生き物(、と草)をたくさん描いて、シュールですが、不思議なまとまりのある作品に着地しました!

f:id:CoderDojoNagoya:20190408011916j:plain
細かい

木製迷路パズル「A mazeing!! maker」(アメージングメーカー)

報告者:チャンピオン宇津

迷路大好きのTくんが、地下ルートと2階の計3階層の迷路を開発してましたよ。登るにはジャンプがいりますけど(^^;
あと、新しい仕掛けとして、袋小路にある床センサー触ったあと、直ぐ脱出しないと扉が閉まって閉じ込められるという仕掛けが作られていました!すごいアイデア! 迷路開発者の坂元さんにも早速教えてあげたら驚いてましたよ♪
f:id:CoderDojoNagoya:20190408011904j:plain ユーザーの反応を見守る開発者

K君が作った迷路も盛り上がりました。ちょうどいいところに落とし穴があって、みんなどうしてもそこではまっちゃう(>_<) 何度も何度も遊んで、ようやくゴールできました。ゴール前の回転扉もいいですね~。

迷路ブームキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
みな他のお友達が作った作品をプレイしたのが良かったです f:id:CoderDojoNagoya:20190408012140j:plain真剣

f:id:CoderDojoNagoya:20190408012147j:plain

集合写真

最後に集合写真をパシャリ。
f:id:CoderDojoNagoya:20190421094148j:plain ■■■集合写真を載せる




スタジオ

今回のScratch作品もスタジオ CoderDojo Nagoya 82th, on 7th Apr. 2019に保存されています。リンクをクリックして遊んでみてくださいね~


お申込み


お申し込みはconnpassのページからお申込できます。
coderdojo-nagoya.connpass.com ふるってご参加くださいね~!

【第80回活動報告】LEGO ブロックプログラミング始めました!

f:id:CoderDojoNagoya:20190308203823j:plain 日時:3/3(日) 13:30~16:00
場所:NPO交流プラザ 第2、第3会議コーナー
メンター:宇津、棚森さん、玉井さん、阿部さん、坂井さん、土岐さん
ニンジャ:18名

チャンピオンの宇津です! 今回は、CoderDojo名古屋では初めてのLEGOマインドストーム でロボットプログラミングをやってみました。初めて見るLEGOマインドストームに興味津々のニンジャもいれば、マイペースでScratchのプログラミングをするニンジャもいるし、人それぞれで面白いですね。


報告はまたメンターの皆さんに記載してもらいました。

LEGOプログラミング ~ マインドストーム

報告者:メンター棚森さん

Lego Mindstorm Educationを使ってもらい、教育用Lego(EV3)の組み立て~プログラミングを行ってもらいました。
今回はベースとなる車体を作ってもらい、どんな動き方をできるのか感触を得てもらうような形にしました。
次回以降はセンサなどを使い、最終的には自分オリジナルのロボットを作ってもらえればと考えています。
また、テキストベースに興味のある大人ニンジャがいらっしゃいましたらドシドシ募集します!!


お父さんと一緒に楽しんでいただけたようでよかったです。
ペットボトルを周回させるために試行錯誤されていて、環境による影響をモータースピードを調整することで頑張っていました。
f:id:CoderDojoNagoya:20190319211556j:plain


車体作成でパーツが一部足りない状況がありましたが、ヒントを与えることで臨機応変に対応できていました。
タッチセンサを使ったプログラミングを頑張っていましたが、中々うまく使ってくれていました。
今後の車体作成能力に期待です!
f:id:CoderDojoNagoya:20190319211441j:plain

報告者:メンター玉井さん

初めてのレゴマインドストームなので、最初にブロックやセンサー、モーターなどの部品についてや、バッテリーの充電方法などを簡単に説明。入門用のシンプルなベースロボを30分ほどで組み立てました。
レゴにどんな動きをさせるか、それぞれ自分でイメージして、パソコンでプログラミングしました。レゴにつくったプログラムをダウンロードして動きをたしかめながら、イメージに近づくようプログラムの修正をくりかえしました。

Rくん

f:id:CoderDojoNagoya:20190304230621j:plain
「GO!」でスタートし、前や後ろ、回転などいろんな動きを繰り返すプログラムをつくりました。
お父さんも子供にもどって夢中にプログラミングしました!

Jくん

f:id:CoderDojoNagoya:20190304230722j:plain
レゴランドで、レゴで遊んだよ! でもパソコンでプログラミングするのは初めて と話してくれました。
表情豊かでよくおしゃべりするロボットを作りました。90度回転と直進をくりかえし、四角形に動きます。

Hくん

f:id:CoderDojoNagoya:20190304230801j:plain
カラーセンサーをつけて、ライントレースするロボットを作りました。
なんと白いところにロボットを置いても黒いラインを探してトレースします。



電子工作で生活を便利にする発明をしよう!

報告者:メンター阿部さん

2/17のイベントに参加出来なかったニンジャT君と、R君兄弟が参加してくださいました。
イベントの時はふせんに困りごとを書き出しましたが、この日は画用紙に箇条書きに書き出してみました。でも、そこからどうアイデアを膨らましていいのかな…という事で、商品企画のお話し等をしながら、マインドマップを活用して、困りごとを1つの視点から見るのでなく、違う視点で見たらどうかな?と他の方法を考えたり発想を膨らませながら色々な案を出して、ステキなアイデアを発表していました。
f:id:CoderDojoNagoya:20190405214736j:plain
さぁ、次は、どんな展開するかな?試行錯誤繰り返しながら創造することを楽しみましょうね(^^)

イデアのヒントは日常の中にあります。芸人さんがネタ帳にネタを書きとめるように“アイデアノート”をぜひ作ろう!!
もし困りごとがあったら、ネタ発見!!と即メモ。 困りごと→「どうしたら解決出来るだろう?どうしたらよくなる?」と思いつくまま書き出す→「こんなのあったらいいな~もっと良くなるには?」とマインドマップで連想を広げ書き出していくことで、アイデアが徐々に具体化して作りたいカタチが見えてきます。ストーリーを大切にすると説得力のあるモノが生まれるように感じます。
f:id:CoderDojoNagoya:20190405215020j:plain
今、思うようにアイデアが浮かばなかったり、解決できなくても、思った事はなんでもメモしたり、絵を描いたりして残してくださいね。 色々な経験を重ねて、将来ふとした瞬間に自分の残した種から面白いアイデアが生まれたり、新たなヒントに繋がっていくかもしれませんョ。 “アイデアノート”は、好みもありますし使いやすいものでいいのですが、無地のクロッキー帳はオススメです。使用開始年月日をかいてナンバーリングしていくとよいですよ。 自分のかけがえのない財産になるかもしれない“アイデアノート” ニンジャのみなさん、ぜひ作って下さいね(^o^)

Scratch

今回のScratchコーナーのお題はこちら

  • 女の子
  • 数字の3

f:id:CoderDojoNagoya:20190304205559j:plain

3月3日ひな祭りということで、女の子をお題の一つにしてみたけどこれを使って作品を作ってくれたニンジャはいなかったかな。ちょっとむずかしかったかな?




報告者:メンター宇津
S君

常連のSくん。Sくんにしてはめずらしく(?)アクションゲームを作ってくれました。
f:id:CoderDojoNagoya:20190308202206j:plain
障害物をジャンプしたりしながらよけて進んでいくゲームです。通り過ぎるとなんと障害物が動き出して自分に向かってくるという激ムズの予感!これからもっとステージを作る予定だって。楽しみですね。
f:id:CoderDojoNagoya:20190308202304j:plain


R君

あめをよけるゲームです。まだ作りかけだそうですけれど、猫のジャンプはいい感じにうごきましたね。
f:id:CoderDojoNagoya:20190308202600j:plain
端っこにおいてある岩はそのうち、よけるようにするんだって。構想はいろいろあるみたいですよ。楽しみですね。ねこがかわいい。
f:id:CoderDojoNagoya:20190308202620j:plain


O君とK君

今日はO君はおともだちのK君をさそって参加してくれました~。
f:id:CoderDojoNagoya:20190308203149j:plain
f:id:CoderDojoNagoya:20190308203202j:plain Oくんは前回の続きを、K君は巻物(サンプルプログラム)をみてプログラミングに初挑戦!二人で楽しそうにプログラミングしてくれましたよ。ふたりともちょっと恥ずかしがりやで発表はまたこんど。こんどつくったゲームあそばせてね~。


報告者:メンター坂井さん
T君

ネコが雨をよけるゲーム。雨がだんだん強くなっていくので最後はなかなか難しいゲームです。
f:id:CoderDojoNagoya:20190405220509j:plain
リンゴや宝石などアイテムをとるとネコの体力が回復するというアクション加えながら、構想を形にしてくれました。
f:id:CoderDojoNagoya:20190405220525j:plain


M君

タツムリとかえるの戦い。
f:id:CoderDojoNagoya:20190405215936j:plain
かえるパンチがおもしろい。カタツムリがピンを投げる発想もおもしろい。もっとリアルに作ってという要望にも応えて、ビンが割れた表現を軽々作ってくれました。カタツムリの向こう側に行くと攻撃してこないバグを、隣の子に教えてもらって、プログラム修正をしたそう。以前の活動でも一緒に作品を作って、案外なかがいい? f:id:CoderDojoNagoya:20190405220045j:plain

Viscuit

報告者:メンター坂井さん

今日来てくれたニンジャ3人ともに初体験。まずは好きな絵を描くところから。 それぞれ思い思いの絵を描いて、その絵をどう動かして行くか試行錯誤していました。 今回発表はしなかったけど、次回期待しています。

K君

Scratchで出されたお題をベースに、いろんな絵を描いてくれました。幾何学模様を駆使して絵を描いていたのが印象的。 動かし方も早々に理解して、きれいに雨がふる様子が描けてました。Scratchにも興味があるみたい。ぜひ挑戦してほしいです。


Hちゃん

ソコンを触るのもはじめてのHちゃん。事前にiPadで予習をしてきてくれたようで、動きをつけることには慣れた様子。 集中していろんな動きを試しながら、楽しく取り組んでくれました。テーマは魔女とおばけの運動会なんだそう。


R君

またまたパソコンがはじめてのR君。まずは操作に慣れるところから。タッチパネルで器用に動物の絵を描いてくれました。 お父さんと一緒に少しずつ動かし方のコツを掴んでいき、最後には増やしていくということにはまったのか、いろんなものを増殖させていました。コツがわかった途端、黙々と作業していたのが印象的でした。


集合写真

最後に集合写真をパシャリ。
f:id:CoderDojoNagoya:20190304212509j:plain



スタジオ

今回のScratch作品もスタジオ CoderDojo Nagoya 80th, on 3th Mar. 2019に保存されています。リンクをクリックして遊んでみてくださいね~


次回お申込み


3/17(日)、第81回CoderDojo名古屋の申し込みページ
coderdojo-nagoya.connpass.com
ふるってご参加ください!

【第79回活動報告】パパ・ママ・子どもも電子工作で生活を便利にする発明をしよう!

f:id:CoderDojoNagoya:20190307201700j:plain 日時:2/17(日) 10:00~16:00 場所:名古屋工業大学 53号館 5216講義室 メンター:宇津、坂元さん、土岐さん、阿部さん、玉井さん、坂井さん、棚森さん、瀬谷さん、神谷さん、田口さん、山吉さん、佐原さん、林さん ニンジャ:33名 オトナニンジャ:20名

チャンピオンの宇津です!今回は、CoderDojo名古屋では過去最大の電子工作イベントをやりました。
こんなに人が集まるとは思わず、すごい熱気!大学の広い講義室がパンパン。人が多すぎて空気が薄いという声も?!
お父さんやお母さんにも子供たちがどんなことを体験しているのか感じてもらいたいと思い、オトナニンジャとしてさんかしてもらいましたよ。

今回のテーマは、題して、「パパ・ママ・子どもも電子工作で生活を便利にする発明をしよう!」です。 お家や、学校、身の回りのちょっとした困りごとを解決する道具を電子工作を使って発明するイベントです。

  • 兄弟や、お父さんに自分のお菓子を食べられないようにしたい
  • カーテンを開け閉めするのがめんどくさい
  • なくしたものを見つけたい
  • 家を出る前に忘れ物を教えてくれる
  • でんきのつけっぱなしをなくしたい

みんなにアイデアを付せんに書いてもらったらすごい数!チャンピオン、ついに貼り切れなくなってメンター総出で黒板に貼り付けていきます。
f:id:CoderDojoNagoya:20190228220315j:plainf:id:CoderDojoNagoya:20190228220152j:plain

こんどはその中から2人ペアでどんな問題を解決するか相談して選びました。やっぱり身近な問題でお菓子を取られたくない、っていうのが多かったかも?!

今回はmicro:bit(まいくろびっと)という、明るさセンサーや温度センサー、加速度センサー、方位磁石、たくさんのセンサーが付いたマイコンボードを使います。
f:id:CoderDojoNagoya:20190307201700j:plain 説明を聞くのも真剣。
どんなことができるのか説明を聞いたあと、解決したい問題に対してどんな道具を発明するか相談しました。
f:id:CoderDojoNagoya:20190307202732j:plain f:id:CoderDojoNagoya:20190228224457j:plain f:id:CoderDojoNagoya:20190228223018j:plain

イデアが決まったらみんな材料を取りに行きます。今回は、電子部品、身の回りの発明に使えそうなお菓子の箱、ペットボトル、サランラップの芯、いろんなものを用意しましたよ! f:id:CoderDojoNagoya:20190228221800j:plain
すごい数の材料!
f:id:CoderDojoNagoya:20190228221805j:plain
みんなどれを使おうか楽しそうに選んでくれました。 f:id:CoderDojoNagoya:20190228222039j:plain

さあ、工作開始!みんな、思い思いのアイデアで材料を組み合わせて組み立てていきます。
f:id:CoderDojoNagoya:20190228222624j:plain
f:id:CoderDojoNagoya:20190307201532j:plain f:id:CoderDojoNagoya:20190307202852j:plain

micro:bitのプログラミングも頑張りました。
f:id:CoderDojoNagoya:20190228224138j:plain f:id:CoderDojoNagoya:20190307201419j:plain

オトナニンジャも頑張ってくれました(^ー^) 久しぶりの工作で大変だったそうですよ~。
f:id:CoderDojoNagoya:20190228224659j:plain



さて、みんなどんな発明をしてくれたかな?


f:id:CoderDojoNagoya:20190307201228j:plain なくしたものを探してくれる車。おうちの中で何かなくしたときに車が走り回って、なくしたものを探してくれるんだそうです。なくして困るものにあらかじめ電波を発信するmicro:bitをつけておいて、車が近づいて電波をキャッチすると教えてくれるんですって~。すぐ物をなくす僕にも便利かも?!
f:id:CoderDojoNagoya:20190306205530j:plain
うまく走るよう何度も作り直している様子もとても楽しそうでした。

f:id:CoderDojoNagoya:20190306221144j:plain
こちらは、お出かけするときに忘れ物がないか教えてくれる発明。ドアが開くときに振動を検知して「忘れ物はない?」と聞いてくれます。
忘れ物がないことを確認してボタンを押すと、OK。
こんなかわいい道具が教えてくれたら忘れ物もなくなるかもしれませんね。


f:id:CoderDojoNagoya:20190306221757j:plain
こちらは自分のお菓子を取られないようにする発明。
「Aボタンか、Bボタンか、A+Bボタンを押してね」
ボタンを押すと、箱を閉じているひも(モール)をmicro:bitが教えてくれます。でもホントにひらくひもを教えてくれるのは正しいボタンを押したときだけ。パスワードロックみたい。お菓子の持ち主だけが正しいボタンを知っています。
楽しそうだから、何回も試しちゃってそのうちお菓子食べられちゃうかも?!アナログなひもとデジタルを組み合わせたアイデアがいいですね。


f:id:CoderDojoNagoya:20190307201139j:plain こちらは、遠くにあるものを取ってきてくれる発明。
わざわざ取りに行かなくても、この車の上に物をのせて手元まで持ってきてくれます。欲しいものはお母さんに車の上に乗せてもらう?!
とても楽しそうに説明してくれるのが印象的でした。


f:id:CoderDojoNagoya:20190306225127j:plain
こちらの発明は、電気の消し忘れを教えてくれる道具。
micro:bitでお部屋の明るさを調べて、電気がついているとLEDが光ってお知らせしてくれます。LEDが4つついてて4つのお部屋の明るさをお知らせしてくれるアイデアがあるみたい。これなら、お母さんもおうちのお部屋ぜんぶ消し忘れがないかわかって便利ですね。
どれぐらいの明るさでLEDをつけるか調整もがんばってましたね。


f:id:CoderDojoNagoya:20190306204449j:plain
「ぼくもうねたよ~」
かわいい!これはどんな発明かな?寝てるのを起こされたくないのかな?それとも寝てるふりしてもっと遊ぶ発明?!

f:id:CoderDojoNagoya:20190306230015j:plain
f:id:CoderDojoNagoya:20190306230510j:plain
こちらの発明も自分のお菓子を食べられないようにする発明。
取り付けたボタン5つとmicro:bitのボタン2つで全部で7つもボタンが!お菓子を食べたければ正しいボタンの組み合わせを押すんだって。でも、間違えたらどうなるの?って聞いたら、あと車輪を付ける予定で、間違えたら走って逃げちゃうんだって!!!すごい発想で会場も爆笑!だれも思いつかない面白いアイデアでしたね。

f:id:CoderDojoNagoya:20190306232718j:plain こちらはカーテンを自動であけしめしてくれる発明。
なんと、micro:bitでモータを制御してカーテンをしまったり、あけたりしてくれるんです!
photos.app.goo.gl ↑↑↑ ぜひとも動画でお楽しみください。
車のタイヤを利用していたり、サランラップの芯をつかっていたり、タイヤとラップが滑らないよう輪ゴムで滑り止めにしたりと工夫がいっぱいでしたね!

f:id:CoderDojoNagoya:20190306231036j:plain
オトナニンジャも発明してくれましたよ。ペットに餌をあげる発明。 水がなくなってきたらコップが傾いて水をこぼすんですって。
なんのペット?と聞いたらなんと、カブトムシの幼虫(笑)
適度な湿度が必要なんですって。まさかのペットに会場がもりあがりました。

f:id:CoderDojoNagoya:20190307201018j:plain アイロンビーズでも発明です。
どんな発明なの?って聞いたら、 これを兄弟にあげてなかよくするの、ですって。
がんばってつくったさくひんをプレゼントしてもらったらきっとなかよくなれるね!



他にも紹介できていませんが、いろんな発明がありました。みんなそれぞれ楽しそうに作ってくれてて、とても面白かったです。


他にも、いろいろやりましたよ!

木製迷路パズル A MAZEING!! MAKER

お馴染み、坂元さんの迷路パズルもやりました。
f:id:CoderDojoNagoya:20190306235513j:plain
f:id:CoderDojoNagoya:20190306235616j:plain
完成した迷路をお互いで遊んだりしてもりあがりましたよ。

土岐さんのお絵描きDojo

完全アナログ!お絵描きDojoです。
f:id:CoderDojoNagoya:20190306235930j:plain
f:id:CoderDojoNagoya:20190307000021j:plain
f:id:CoderDojoNagoya:20190307000149j:plain
f:id:CoderDojoNagoya:20190307000227j:plain
f:id:CoderDojoNagoya:20190307000325j:plain みんな思い思いに描いてくれました。

集合写真

最後に集合写真をパシャリ。 f:id:CoderDojoNagoya:20190307200914j:plain

おわりに

今回は、子どもゆめ基金の助成を得て実施しました。普段なかなか材料費が必要な活動はできませんが、今後もこういう活動を定期的にできればと思います。

CoderDojo名古屋では、ただ本に書いてあることを覚えるんじゃなくて、自分でどんな作品にしたら楽しいだろうと考える、友だちと面白いアイデアをだしあってみる、時には失敗もしてみる、そんな場にしたいと思っています。

メンターの瀬谷さんも言ってました「楽しんだもの勝ち!」って。これからもみんな思いっきり楽しんでくださいね。

次回お申込み


3/17(日)、第81回CoderDojo名古屋の申し込みページ
coderdojo-nagoya.connpass.com
ふるってご参加ください!

【第78回活動報告】今回はニンジャたちの発想がキラキラと光りました

日時:2/2(土) 10:00~12:30
場所:NPO交流プラザ 第2、第3会議コーナー
メンター:宇津さん、玉井さん、土岐さん、阿部さん
ニンジャ:12名

チャンピオンの宇津です!インフルエンザ流行ってますか~?最近参加者が少ないのは風邪とかの影響もあるのかな?
さてさて、今回は参加したニンジャたちのアイデアがどれもなかなか個性的で、結構感心することが多い一日でした。

次回2/17(日)は、鶴舞名古屋工業大学でイベントをやります。下の方のお知らせを見て参加してくださいね~。



報告はまたメンターの皆さんに記載してもらいました。

Scratch

今回のScratchコーナーのお題はこちら

  • ぐるぐる
  • 英語

写真を貼る
今日のお題の一つに、なんと「英語」!ニンジャから指定してもらいました。こんなお題どうやって使うの?!と思っていたら。。。




報告者:メンター宇津
Aちゃん

英語、というテーマを出してくれたのはAちゃん。 ちょっと、家から仕込んできてくれてたみたいですね(^o^)
f:id:CoderDojoNagoya:20190209130216j:plain
f:id:CoderDojoNagoya:20190209130318j:plain マリオのような横スクロールゲームなんですが、なんとキャラクターが アルファベットの「A」。可愛くぴょこぴょこ動きながら、「B」や「C」と 出会います。「B」に出会うと「B」はバス(Bus)に変身して乗せてくれたり、 「F」にであうと「F」は魚(Fish)に変身して川を渡ってくれたり。
f:id:CoderDojoNagoya:20190209130411j:plain
キャラクターもかわいいし、すごい発想で驚きました!


Sくん

Sくんのだいすきなポケモン。手描きでポケモンを描いてくれました。
f:id:CoderDojoNagoya:20190209132059j:plain
今回はお父さんメンターと一緒にモーションボードセンサーに挑戦してくれましたよ。 モーションボードセンサーで画面に自分をうすーく写して、自分の手がポケモンに触ったら ポケモンを操作できる、という感じ。竜巻に触ったらポイントアップ! お父さんメンターと大好きなポケモンで新技術に挑戦してくれましたね。
f:id:CoderDojoNagoya:20190209132236j:plain





Tくん & Tくん ペア

今日のお題の「鬼」から鬼ごっこ。迷路の中を自分のキャラクターが、他のキャラクターに追いかけられながら逃げるよう操作します。
f:id:CoderDojoNagoya:20190209132514j:plain
迷路の壁を通り抜けられないようにしたり、工夫してくれましたね。 まだ、途中ですが、パワーアップするアイテムが出たりもするみたいですよ! 完成が楽しみですね。
f:id:CoderDojoNagoya:20190209132713j:plain




Mくん & Rくん ペア

こちらも、お題の「鬼」から鬼の顔の福笑いを作ってくれました。
f:id:CoderDojoNagoya:20190209132803j:plain 2人でいろいろ相談してアイデアを出し合ってくれたんですって。 僕も、ふくわらい、という作品を作った子は見たことはなくて、 発想が素晴らしいな、と感心しました。(^-^)
f:id:CoderDojoNagoya:20190209132841j:plain


報告者:メンター玉井さん

今回初めてCoderDojo名古屋に参加してくれたのは3名。お父さんやお母さんと一緒にScratchを楽しみました!

Tくん

初参加でいきなり自分の力で豆まきの作品を作りました。 豆をまいて鬼を倒すと新しい鬼がスピードを上げておそってくる。豆がうまくまけないとネコが弱っていく。鬼は図形を組み合わせて作りました。お母さんが赤ちゃんをあやしている横で、もくもくと集中して作品を作っていました。初めてだけど発表もできたね。
f:id:CoderDojoNagoya:20190204000939j:plain

Yくん

資料を見ながら、シューティングゲームを作りました。資料通りに作ってもうまくいかないのはなぜ? うまくビームが出ないのはなぜ? ビームが大きすぎて画面の端についていたんだね。お母さんも熱心にシューティングゲームに挑戦!同じシューティングゲームだけどデザインが違っていて個性が出ていましたね。家族みんなでScratchを楽しみましたね。


Oくん

初心者ということなので、ネコ歩きの作品を作りました。基本的なことを覚えると、あとは自分の頭を使って、どんどん世界が広がり賑やかな作品になりました。サメ、鳥、怪獣が登場し、ぶつかるといろんな言葉を言い、コスチュームが変わり、背景が変わり、点数までつけ…
 また新しい作品にチャレンジしてね!
f:id:CoderDojoNagoya:20190204001016j:plain






土岐さんのおえかきDojo

報告者:メンター土岐さん

今回のおえかきニンジャはSちゃんとMちゃん。 sちゃんは水筆と水彩絵の具を使ってみました。 Mちゃんはゆるキャラを描く練習。 f:id:CoderDojoNagoya:20190209133923j:plain
f:id:CoderDojoNagoya:20190209133941j:plain 丸や三角の図形を描いてカラフルに塗り分けました。 おえかきしているとあっという間に時間がたってしまいますね、次回も楽しみにしてます!


集合写真

最後に集合写真をパシャリ。
f:id:CoderDojoNagoya:20190209133048j:plain



スタジオ

今回のScratch作品もスタジオ CoderDojo Nagoya 78th, on 2th Feb. 2019に保存されています。リンクをクリックして遊んでみてくださいね~


次回お申込み

【お知らせ】2/17(日) パパ・ママ・子どもも電子工作で生活を便利にする発明をしよう!

普段の生活で困っていること、解決したいことはありませんか? お風呂のお湯を止めるのを忘れて満タンにしてこぼしちゃう?お花の水やりをわすれちゃう?お母さんがこっそり部屋に来る前に気づきたい?!
そんな問題を電子工作で解決する発明をしてみよう!
2~3人のチームを作って、相談しながらどんな問題をどんなふうに解決するか考えてみよう。
とっても簡単にプログラムが組めちゃうマイコンボードmicro:bitSONYのIOTデバイス MESHと、お菓子の箱やペットボトル、割りばし、輪ゴム、身の回りにある品で 工作したものを組み合わせて、便利な道具を作っちゃおう。
今回は、お父さんやお母さんもチームを作って参加してもらいます。オトナニンジャの本気を子どもたちに見せちゃおう!
10:00~16:00 会場:名古屋工業大学